産後のお腹の皮は、妊娠線リスクに!? 予防とケア方法

産後に体重が無事に減量してきたとき、

お腹の皮だけが残ってしまうと、妊娠線ができてしまうリスクが高まってしまいます。

あるいは、もうすでに妊娠線ができ始めている方も多いと思います。

産後のお腹の皮は、どうやってケアしたら良いでしょうか?
 

それには、産後ダイエットの基本をしっかりと実践することです。

妊娠をして増えた体重やお肉を、急激に減量してしまうと、

体に取ってもお肌にとっても負担がかかってしまいます。

妊娠線ができるのは、急激な体重の増加や減少のためです。
 

産後ダイエットの基本は、

骨盤矯正ベルトを使って徐々に骨盤を引き締め、

赤ちゃんを連れてお散歩をしながら、母乳で育児をすることです。

産後のお腹の皮をケアする方法も、この基本を守ることが大切です。
 
 
効果的な産後ダイエットの仕方について、

出産経験ママ100人にアンケートをしました!

その結果はこちらになります。

→ 産後ダイエットの基本 100人アンケート